法事料理・仏事の料理/仕出し弁当 大阪 あっぱれ

仕出し弁当大阪あっぱれ 仕出し弁当、パーティ、各種お祝い膳、会議・セミナー、法事
電話番号
定休日
毎月1日 第3月曜日





人気ランキング


301 会席弁当

1位 No,301 会席弁当 ¥3,500 税別

刺身・天ぷら・季節の焚き合せ・焼き物・酢の物・デザート・御飯
お献立は季節により変更させて頂きます。

詳細ページへ






二段会席弁当

2位 No,314 二段会席弁当 ¥4,000 税別

会席料理の内容を使い捨て容器に盛りつけました。
お献立は季節により変更させて頂きます。

詳細ページへ






寶takara 特選箱膳

3位 寶takara 特選箱膳 ¥5,000 税別

豪華『アワビの磯焼』がまるまる一個!
夏の美味しいをご堪能下さいませ。

詳細ページへ






晴hare 特選箱膳

4位 晴hare 特選箱膳 ¥3,500 税別

夏の美味しいをご堪能下さいませ。
慶弔のお料理に!!

詳細ページへ






宴

5位 宴utage ¥4,000 税別

てまり会席弁当 宴
あわびのステーキが入ります。

詳細ページへ


お料理のこだわり

不必要な添加物は使いません。醤油などに含まれる添加物以外は使用しません。
ほとんど全てのお弁当屋さんや仕出し屋さんでは腐りにくくする為、ソルビットなどの保存料を使用します。
その結果 後味が悪い、胃がもたれるなどの影響がございます。お料理を食べた後 むしょうにのどが渇いたりするのも 不必要な添加物が原因の場合が多いです。
仏事・法事のお料理イメージ
不必要な添加物を使わないと当然日持ちしません。
必然的に作り置きが出来ないと言う事になります。しかしそれでは大量注文に対応することが出来ません。
そこで登場したのが真空調理です。簡単に説明しますと、食材を真空包装したものを、スチームコンベクションで加熱する方法です。
これですと、出来たお料理は一切外気に触れる事がないので、通常の3倍程度は日持ちします(物による)。 しかも、食材本来の味を逃がしません。
モチロン出来ない御料理もございます。それは当日に調理するという具合に改善してまいりました。日夜 努力精進しております。


食材のこだわり

安全かつ美味しい物 特に旬の食材を多用します。産地にもこだわります。例えば 筍はその時期に良い産地があります。年によっても変わります。
これはプロの八百屋さんに頼ることにしています。おなじく、魚介類はプロの魚屋、米はプロの米屋、塩干物はプロの塩干屋、肉もプロの肉屋、 こうして現在、あっぱれの食材は一流のプロと私が認めた方にお願いしております。これは私共あっぱれの縁の下の力持ち的存在です。
良い物は価格も高いに決まっています。しかしそれでは、高額な商品になってしまいます。山城の筍(高価)に負けない筍(低価格)が必ずあります。
関さば・関アジ(高価)に負けない魚が他にもあります。それら プロにしか分からない情報を提供してくれます。


調理について

調理につきまして、一番大切なことはバランスだと考えます。まず全体のバランスです。
これはお献立の段階になりますが焼き物・揚げ物・煮物・酢の物・お刺身・等の調理法と素材のバランス、いくら美味しい物でも、えびばかり3種類も4種類もはいっていたら、興ざめですよね。同じように、魚やお肉ばかりでは重たくなります。
魚やお肉とお野菜のバランスとアクセントになる物という感じになります。また、味付けに関しましても、全体のバランスを重要視致します。
単純に薄味と言う事ではなく、濃い目の味付けの物と塩茹でだけで、素材の味をそのままの物、ゆずや木の芽またはハーブなど香りを利かした物など、一品一品楽しんで頂ける様に心がけております。 ひとくち食べておいしいと言う事ではなく、食べ終わっておいしかったと感じていただける御料理を目指しております。
例えば、甘辛い味付けの物はひとくち目から、おいしいですよね、だけど、こういう系の味付けの物が何品も入っていたら、食べ終わっておいしかったと感じていただけるでしょうか?


盛り付けについて

盛り付けにつきまして、容器も含めて これは、御料理の衣装だと考えます。
いくらすばらしい人格であっても、場違いな衣装では困りますよね。その場に適した容器や盛り付けに心を配ります。
法事の席に扇形の容器などで派手にするのは不謹慎ですしご結納のお祝いのお席に目のとれた海老を盛り付けたり、あわびなどの片貝のお刺身なんて非常識ですよね。
また、会議のお弁当の場合、スペースが少ない事が多いので容器はコンパクトな方が良いけど、お客様も交えての会議の場合 高級感も必要だったりするわけですね。
容器につきましてはこの様に選択いたします。

衣装は適切であっても、ネクタイが曲がってる、靴が汚れてるではだいなしですよね。
やはり、清潔な容器に、きちっと丁寧に盛り付ける、あたりまえですがこれは本当に大切なことで、おろそかに成らない様にこころがけている点です。

商品について総じて言えることは、いつも丁寧であること。風呂敷の包み方ひとつ、おろそかには致しません。まだまだ未熟ではございますが、手抜きは一切致しません。


>> 仏事・法事のお料理一覧


仏事・法事のお料理カテゴリー一覧はこちら
ケータリング
ホームパーティ

仕出し弁当大阪あっぱれのお料理

仕出し弁当大阪あっぱれについて

コミュニティー

最新パンフレットのご請求

平成30年 一番福 福男
佐藤 玄主 さん


平成29年 一番福 福男
鈴木 隆司 さん


平成28年 一番福 福男
水田 道成 さん


平成27年 一番福 福男
志和 智徳 さん
平成27年 一番福 福男志和 智徳 さん

平成26年 一番福 福男
京田 世紀 さん